日本ガバナンス研究学会
「学会名称変更記念公開シンポジウム」開催のお知らせ

協賛:日本公認会計士協会・公益社団法人日本監査役協会・
一般社団法人日本内部監査協会・一般社団法人日本公認不正検査士協会
 
日本ガバナンス研究学会では、下記のとおり公開シンポジウムを開催いたします。
会員以外の方も参加できますので、ぜひお申込みください。

◆テーマ「強靭な組織運営に求められる健全なガバナンスとは?」

【開催の趣旨】
 近年、ガバナンス、ERMおよび内部統制を三位一体ものとして捉える考え方の下、内部統制をめぐる議論をより広範な視点から俯瞰的に捉えることが必要であるとの認識が広がっています。
 こうした動向にいち早く応えるとともに、営利組織における有効な内部統制の整備・運用の知見を活用し、より広くガバナンスに関しての研究を深めるために、2022年7月に、日本ガバナンス研究学会へ名称変更を行うとともに、11月には第6代会長として、久保利英明氏が就任しました。
 つきましては、久保利新会長の下、本学会の名称変更を記念して、公開シンポジウムを開催することといたしました。あらゆる組織において求められている強靭な組織運営の在り方について、ガバナンスを中心に、多面的な視点から検討することといたします。
 

◆日程
2023年2月25日(土)14時00分~17時30分(13時受付開始)
※対面開催です
※下記の「お申込みフォーム」のボタンをクリックし、事前にお申込みをお願いします

◆開催場所
明治大学 駿河台キャンパス
(〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1)

◆参加費
・シンポジウム参加費(資料代を含む)
 会員、準会員、賛助会員…1,000円(賛助会員は1機関につき5名まで)
 その他の非会員…3,000円
・懇親会費…4,000円

※公開シンポジウムおよび懇親会の参加については、それぞれ定員になり次第、締め切らせていただきます。
※参加費および懇親会費については、開催当日、会場入口にて徴収させていただきます。



◆プログラム
14:00 開会(13:00 受付開始)
14:00-15:00 第一部 特別講演
 「今、問われる 組織ガバナンスの要諦(仮)」
 久保利英明 氏(日本ガバナンス研究学会会長)
15:20-17:30 第二部 パネル討論
「非営利組織のガバナンスを考える!」

・コーディネータ
八田進二 氏(大原大学院大学教授、青山学院大学名誉教授)
・パネリスト(順不同)
増田宏一 氏(日本公認会計士協会相談役)
梶川 融 氏(太陽有限責任監査法人会長)
宮内義彦 氏(オリックス・シニアチェアマン)
長  隆 氏(監査法人長隆事務所代表社員包括パートナー)
紺野 卓 氏(日本大学商学部教授)
18:00-19:30 懇親会(会場は近隣のレストランを予定)
※当日のタイムスケジュール、報告タイトルなどは変更になる可能性もございます。
※日本公認会計士協会のCPE研修(3単位)および内部監査人協会(IIA)の認定資格(CIA他)のCPE研修(3単位)の認定を申請予定です。

◆お問い合わせ先
日本ガバナンス研究学会事務局(担当:青柳・高清水)
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-41 同文舘出版株式会社内
メール:info★jicra.org(★印を@に変更してご送信ください)
(当ホームページの「お問い合わせ」からでも結構です)